2004.02.29

流行語「わけわかめ」は私が作った! というブロガー

 「僕が本当に若かった頃」さんは、「わけわかめ」という言葉の発明者なのだそうだ。
 衝撃、というのはこのことをいうのだろう。
 「わけわかめ」の発明者であることを意味もなく宣言しておきます
 「ありがじゅう」もそうらしい。しかも、「流行する言葉を考えてみる」と、最初からねらっているところがすごい。

 しかし、適切なカテゴリーがないなぁ。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

2004.02.21

巻き込まれてみるのも、楽しいかもしれない

 なんか、さっき書いた記事の内容が内容なんで、紹介するのに気が引けますが、すんげーかわいいので紹介せずにはいられない。
 はっかあめさんの七転八倒。こんなことあるよなぁ。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2004.02.05

『ぬ』を発見!

 「ぬ - (そらつきゃーぶろぐ)」というブログを発見した。ぬははは。去年の12月、ココログのサービス開始直後に開設しているみたいだから、めブログよりだいぶ先輩になる。
 どうやら、沼津のぬ、らしい。いいよなぁ、沼津。富士山が見えて、穏やかな海にも近くて、気候は温暖だ。食い物がうますぎ。ちょっと足を伸ばせば熱海だし。一回住んでみたい。
 それにしても、コメント欄に「ぬ」が並ぶと、「め」と区別がつかないのが素敵。こうなったら「の」とか「あ」とか探してみたい。

 こないだテレビを見ていたら(NHKのクイズ番組か?)外国で漢字がプリントされたTシャツが流行していた数年前のことをやっていた。女性に一番人気の文字は「の」だったらしい。丸くてかわいい、だそうだ。
 ひらがなは表音文字ではあるが、成り立ちは漢字がルーツで、表意文字だ。「の」がかわいいなんて、表意文字のアイコンさ加減が胸に迫ります。

 つか、なーんか気分が優れないのですよ。鬱、というほどではないんだが、なーんかぱっとしない。週の後半なんかこんなもんですかね。
 休みになったらうまいものを食いに行こう。だいたいこれで治るから便利だ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2004.02.03

うれしいとめがねが落ちるんです

 落ちていたのを拾ったんですが。
 ハリーポッターとオロナミンCc.jpg誰が作ったんだろ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.02

エキサイト社長ブログ

 eNatural.orgから。

が、ここまで来るとあまり目新しさはありませんね。残念ながら、他がやっているから的な印象も否めません。

 読んでみましたが、焼酎がいい、なんて話はオヤジ一ダースぐらいから聞いてますよ。
 ニフティ社長のハイソな話、ひろゆきの喧嘩上等そろそろもちつけ話なんかにくらべたら、なんつーか、コンテンツホルダーの社長がするような内容じゃないですね。エキサイト、今後大丈夫なのかとまで思ってしまう。
 これは書きたくなかったんだけど、あの法則発動ですかねぇ。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

FlowerLoungeさん移転

 FlowerLoungeはてな版から、ドメイン名を取得したサーバーのMTへ移転。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.01.29

助け! 香港テロリスト殺害香港人々, メール世界。

 うわわわわわ。なんだろうこれは。やっぱり、心を病んでいる人なのか。数カ国語に対応しているしなぁ。
 見るときは、何か問題を抱えていたりして不安だったりすると、同じ世界に行ってしまうと思うので、十分気をつけましょう。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

2004.01.28

Zくんを現在制作中らしい

 このブログのサーバーからきっと近いところのサーバーであるはずの、デイリーポータルZさんのところで、キャラクターの「Zくん」のかぶり物を現在制作中らしい。もうすぐできあがっちゃうのかな?
 以前も作っていたのだが、大塚さんというライターさんがタクシーの中に置き忘れて、結局作り直しとなった模様。
 リアルでナイスなオンデマンドの雰囲気をどうぞあなたも。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

2004.01.21

広島原爆はナチス製だった

 あっちこっちで話題になっていたページ。ベラスコの告白 広島原爆はナチス製だった おもしろいです。トップページはこっち。ヘブライの館 2

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.01.20

綿矢りさ『蹴りたい背中』が古書特価¥9,860

 芥川賞特需という奴だ。amazonでこんな値段が付いていた。新品なら千円だ。買う奴の顔が見たいぞ。
 綿矢りさの顔はここからいやってほど拝める。いそうでなかなかいない顔だ。ただ、千住真理子とか林葉直子とか、才能のある麗人にありがちな傾向を私は感じ取っていて、賞味期限はきわめて短いと見た。

| | Comments (1) | TrackBack (0)