« January 2004 | Main | March 2004 »

2004.02.29

人間の『共食い』が日本で常態化か? 狂牛病を連想させる、『人毛からうまみ成分』のループ

 『勝ち組』倶楽部~てんこもり野郎BLOGさんで、インド人の髪の毛から抽出された食用アミノ酸ってどうよ?という記事。
 単に、気持ち悪い、とかいうレベルを超えてます。肉骨粉を介して、共食いをしていた牛から狂牛病が出てきたことを思い出してしまいますな。クールー病は、食人の習慣があったところで風土病と化していたようだし。
 元記事には、とても身近な会社の名前が挙がってますなぁ。ホントならものすごい騒ぎになりそうな予感がしますが、騒ぎにならなかったらならなかったで、すごい力を持ってるんだなぁと感心してしまうところです。

| | Comments (17) | TrackBack (7)

流行語「わけわかめ」は私が作った! というブロガー

 「僕が本当に若かった頃」さんは、「わけわかめ」という言葉の発明者なのだそうだ。
 衝撃、というのはこのことをいうのだろう。
 「わけわかめ」の発明者であることを意味もなく宣言しておきます
 「ありがじゅう」もそうらしい。しかも、「流行する言葉を考えてみる」と、最初からねらっているところがすごい。

 しかし、適切なカテゴリーがないなぁ。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

2004.02.28

通勤中に聴いているウォークマンから音楽を録音して、放送する番組

 ワイヤードニュースの街行く人々のヘッドホンから流れる音楽を聴くラジオ番組。普段、通勤中などで聴いている音楽を、聴いている本人からのコメントも交えて録音して、放送するらしい。
 これおもしろいわ。聞いてみたい。
 ネットラジオで聴けるらしい。つーか、いま聴いてます。今の時間は別の番組らしいですが、アンビエント系の曲が流れてます。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

コメント禁止の記事にトラックバックしてみる

 トラックバックなら何書いても文句言われないんじゃないかと。
 戦略的撤退blog版: ばいばい
 ちょっと日が長くなった最近、かろうじて夕日の薄明かりが残っている時刻に家路を急ぐ、なんて情景がぶわーっと浮かんで来ちゃいましたよ。
 夕方は、私、大好きですね。ちょっと気が抜ける時間。

 運転するには気をつけないといけないですけどね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

女の子6人で共同運営しているブログ

 ブログちゃんねるさんで、6人の女の子が共同で運営しているブログを紹介していた。
 強力ですね。泣く子と若い女の子には勝てぬわけで。仕方がないので泣いて勝つことにします。びえーん。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

島根・鳥取・山梨はブロガー過疎か? blog mapにいまだ点無し

 d-s-jさんの、大ヒットコンテンツ「blog map」が、久々にみたら登録数が500を超えていた。
 東京周辺など、密集しているところはとても密集していてすごいことになっているのだけれど、一方でいまだにポイントがない県がある。
 島根・鳥取・山梨はどうしちゃってるんですかね。一人もいませんよ。太平洋に浮かんでいたりするのはたくさんいるわけですけどねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

恋愛の心の距離感

 アルジャーノンに掌底をさんに、恋愛の心の距離感についての記事。
 恋愛だけではなくて、全部の人間関係がそうなのだろうけれど、こと、恋愛に関してはシビアに出てきますね。
 間合いをどうとるか、悩むところでもあり楽しいところでもあり。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

スティーブン・スピルバーグのアクターズ・スタジオ・インタビュー

 KITORA's Blogさんで、NHKで何度も再放送をしている人気番組「アクターズ・スタジオ・インタビュー」のスティーブン・スピルバーグの後編を取り上げていました
 私もだいぶ前にこれをみました。内容はほとんど忘れてしまったのですが、そのとき、ものすごいパワーを感じてしまいました。内容は忘れても、今、こうして書いている力の半分は、あの番組のスピルバーグからもらったようなものです。
 なにか夢を持っている人なら、あの番組は見ておいた方がいいでしょうね。人生狂うかも。(笑)
 
 KITORA's Blogさんで、スピルバーグへの10の質問があげられていましたが、質問と回答との対応がよくわからなかったので、勝手にこちらで作り替えてしまいました。

01. What is your favorite word?
  好きな言葉は何?
  Yes
02. What is your least favorite word?
  嫌いな言葉は何?

03. What turns you on?
  気分が乗ってくるのは(どんな時/何が原因)?
  Good Story
04. What turns you off?
  気分がめいってしまうのは(どんな時/何が原因)?
  耳を傾けない人
05. What sound do you love?
  好きな音は何の(どんな)音?
  (7人いる)子供達の(一斉に上げる)笑い声
06. What sound do you hate?
  嫌いな音は何の(どんな)音?
  その子供達の泣き声
07. What is your favorite dirty words?
  好きな悪態(罵り言葉)は何ですか?
  RATS!
08. What profession other than yours would you like to attempt?
  今の仕事以外で挑戦してみたい職業は?
  映画音楽家
09. What profession would you not like to participate in?
  絶対にやりたくない職業は?
  政治家
10. If Heaven exists, what would you like to hear God say when you arrive at the Pearly Gates?
  (もし天国が実際にあるとして)天国の門に着いた時、神様に何と言われたいですか?
  良く耳を傾けたね。


| | Comments (3) | TrackBack (1)

2004.02.27

うろ覚えのまま固定して覚えてしまった言葉

 ごまめさんが怒ってます。
 うる覚え
 結構多いっすね、この間違いは。「がいしゅつ」あたりの2ちゃんねる語は、この覚え間違えをそのまま定着させたものだったりもしますが。
 以前、「普及」を「ふっきゅう」と読む人がいて、しかもこの言葉がとても好きだったらしくて何回も繰り返してました。私より目上の人だったら訂正してあげるわけにも行かず、困った覚えがあります。
 でもまあ、この程度の思いこみはおそらく自分でもやっていると思うので、気をつけつつも、恥はかきすての方針でいった方が楽かもしれません。

追記:アルジャーノンに掌底をさんのトラックバック記事に、間違えやすい言葉遣いを注意しあうスレ ――まとめサイトが紹介されていましたので、こちらにも書いておきます。
あ、そうだ、追記。ごまめさんは怒ってないそうです。すいません。

| | Comments (8) | TrackBack (6)

家庭でできる本格的ラーメンスープの作り方

 今日はなぜかカテゴリーがグルメづいているな。
 カトゆー家断絶さんよりスープの作り方
 カトゆー家さんのコメントは以下。

こういうページを探しておりました…。以前豚骨スープ作ろうと思って挫折したので。

 一回やってみよっと。

| | Comments (10) | TrackBack (1)

ビール製造キット

 さっき、どぶろくを紹介したので、今度はビール。
 古今東西製品情報さんで、ビールを造るキットを紹介していた。$2.99で激安!
 Funny Gifts and Unusual, Quirky Novelties at Crazy Prices
 ビールって、こうやって作るものだったのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

駅の猫

 CUTTING EDGEさんところから。猫の画像
 どうしてこうなるの?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

blog対応ホームページ作成ソフト「ホームページ制作王6」

 Fanatic Marionette: blog対応ホームページ作成ソフト
 株式会社ジャングルさんから3月18日に発売らしい。プレスリリースに詳細があまり書いてないのでなんとも判断しようがないのだけれど、UKblogの高機能版みたいに使えるのであれば、買う価値あるかもしれない。
 ジャングルさんのソフトならハズレはないだろうしなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東北で『どぶろく』の製造免許交付

 NTTコミュニケーションズ様に免許が降りたわけではない。ましてや、こちらとは関係がない。
 秋田魁新報 初の「どぶろく」製造免許/岩手と新潟の計4人に
 画期的っちゃー画期的な話だ。今まで、ご禁制の品だったものがおおっぴらに飲めるわけだしね。でも、これは販売(民宿の客に飲ませる)目的だから、家庭で自家消費する分に関してはいまだどうにもなってなくて、基本的に違法なんだよなぁ。
 ちなみに製造法はこちらに載っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あのさー、winnyが解読出来たのは分かったんだけどさ、その後どうすんのよ!?

 ひげおやじの秘密小屋:winny暗号は「全く複雑ではなかった」
 うお、便所で特ダネ。ひげおやじさん、たまたま会話を聞いちゃったらしい。

「あのさー、winnyが解読出来たのは分かったんだけどさ、その後どうすんのよ!?」
「そう!バージョン変わった後の対応の話だよ!」

 アキバの中心の便所で合い言葉を叫ぶ。「王様の耳はロバのパン!」。完全に意味なし。

| | Comments (8) | TrackBack (2)

2004.02.26

日本国際映画著作権協会(JIMCA)を騙る、詐欺メッセージ

 we all DOWNLOADさんのJIMCAを名乗るIM貰った人はという記事。
 JIMCA(日本国際映画著作権協会)の名前を騙るIMがあるらしい。JIMCAのサイトにはいかのような告知もあった。

緊急告知

当協会の名前を騙り、映画の著作権を侵害したとして金員を請求する行為が発生しております。
当該行為につきまして、当協会とは一切関わりがありませんのでご注意ください。
また、当行為に接した場合は、お近くの警察まで連絡の上、ご相談ください。

平成16年2月25日
日本国際映画著作権協会


 新手の請求書詐欺だなぁ。いろいろ考える奴はいるものだ。
 そういえば、弁護士がオレオレ詐欺に引っかかって40万円もとられる事件があったそうだから、プロでも引っかかる巧妙な手口にどうぞご用心を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

見慣れないブラウザー

 女子大生進化論。さんのブラウザの不思議
 思わず爆笑です。
 種明かしは、晴郎組チャンネルさんのコメントで。

 ココログでもログの記録をやって欲しいなぁ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

ものすごいムカつくサイト

 MLOG: ものすごいムカつくサイト
 長い人生には、こんな時間があってもいい。

| | Comments (2) | TrackBack (3)

Bフレッツで速度10倍

 もの思ううさぎさんがBフレッツにしたらしい。従来から比べて(ADSLかな?)10倍の速度にアップ。えーなぁ。
 うちはCATVなのでたぶん、Bフレッツにしたら30倍ぐらいになるかも。

| | Comments (6) | TrackBack (2)

「世間体」を気にかけながら書く

 技術系サラリーマンの交差点: 「世間体」を気にかけながら書く
 まだ読んでないっす~。なのでメモ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自己嫌悪に至る心理構造

 自己嫌悪
 どこで見つけたのかは忘れてしまいました。どこかのニュースサイト経由だったと思う。
 こないだの、激しい変化に対応するのは難しいというのに通じるところがあるかも。
 自分の記事にトラックバックしてみるテスト。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

orkutはセレブの社交系

 Editide Slash Blog: 「orkut」騒動、その後
 入れない人たちがそろそろ暴動を起こしそうなorkutだけれど、紹介しても何がおもしろいのかわからない人が続出、とかいう記事。
 だったら私を呼んでちょうだい。つー話ではなく。
 出会い系、つーか、社交系だな、これ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダーティハリーはおとり捜査目的で作られた

 METAMiX! maskin's blog: [トリビア]ダーティハリーはおとり捜査目的で作られた
 初めて知った。それにしてはできすぎの映画だぞ。アメリカのエンターテイメント界の底力を思い知る。つーか、そういう目的があったからこそ名作が作れたのかも、とふと思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

DVD一枚分のデータを盗むのも、20年前なら金庫強盗並みの労力が必要だった

 圏外からのひとこと(2004-02-25)
 20年前と今とでは、データ媒体の記録密度が圧倒的に違うことを、具体的に描写していた。すごくわかりやすい。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

livedoor オークション開始

 blog.bulknews.net: livedoor オークション
 livedoor blogとの併用がすごいらしい。RSSも豊富。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ツーカーのユーザー放置プレイ

 裏編集後記:ナンバーポータビリティはツーカー消滅の引き金か?
 放置プレイもあと二年。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

2004.02.25

私は何か書くとき、傲慢にみえてもいいと思って、書いている。

 足を踏む方は、踏まれた痛さをわからない。いつだってそうだ。でもだからこそ、人混みの中を、超過密な世の中を歩いていられるのだろう。自分の足が誰かの足を踏み、与える痛さを明確に想像することができたとして、他人の足を踏んでしまう可能性に恐怖して一歩も踏み出さなくなってしまったら、ひからびて死ぬだけだ。
 どれだけ褒め称える言葉を書き連ねていたとしても、大きな声で叫んでいれば、その言葉で傷つく人は必ずいる。すべての人を傷つけない言葉は、どうでもいい言葉でもある。などとくっだらねーことを考えていた。
 「そのときに必要な本は、その時々に必ず出会う」というのは、どこかの本で読んだものだけれど、私も全く同意している。
 よりにもよって、吉本ばななさんの日記なんてすごいところからの、すごい人の言葉をまた引き。ばななさんがキーボードで入力したのだ、と思うと、コピペであってもかなりびびる。(笑)

「私は何か書くとき、傲慢にみえてもいいと思って、書いている。憎まれてもいいと思って、書いている。(最初の書きはじめは無意識だった。無意識に傲慢だったのである。)何故なら文章のたちで、しをらしく書くとバラバラに崩れて、全く駄目になるからである。私はだから憎まれても平気である。ほんたうは平気ではないのだが、書いていくためには平気でなくてはならないのである。」(阪急コミュニケーションズ刊 『森茉莉 贅沢貧乏暮らし』より)

 この覚悟がなければ、たぶんせいぜいが、他人の言葉を書き写すだけの人生に終わるのだろう。ただ、他人の言葉を書き写したり、あるいは押し黙って生き続けるのも一つの人生だと思う。よけいなことをしゃべらなくても、有意義な人生はある。
 選択の問題だ。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

ネチケットなんか信じるな! ウソを見抜くには自分のアタマで考えるに限る!

 ああ、タイトルが威勢いいなぁ。さっき、「怒る方が心臓にいい」なんてテレビでやってたからなんだけど。

 もういうまでもないことなんだが、ネットにはウソが多い。ネットだけでなく、世間にはウソ情報ばっかりが存在するんですよ奥さん! だから、ウソをウソだと指摘できる、ネットのほうが真実に迫れるような気もする。最近は、ネットをお勉強した悪徳弁護士と、バカサーバー屋のせいでそれもしづらくなっているようだけれどね。
 ウソの中でも、『権威』の香りがするウソ情報にはだまされやすい。レッテル貼りだ。悪徳商法でよく使う手口だ。「○○大学で認められました」「医学博士○○先生推薦!」といったせりふを、昔売れていたタレントがにっこりほほえむ写真と並んで、広告で見たことがあるだろう。連中がどれだけえげつないことをするかは、天羽先生が身体を張って書いたコンテンツをとくとごらんあれ。ついでに、トップページ
 時には、善意がウソを増幅させることもある。天羽先生のコンテンツにもちゃんと例がある。水に、「ありがとう」と話しかけると、「ばかやろう」とののしった時とは性質が変わる、というトンデモ科学だ。これを鵜呑みにした教師が、生徒に教えていたらしいから問題は大きい。でも、その教師は善意だもの。ああもう、考えただけで痛い痛い痛い!
 さて、ネチケットの話だ。私はこの言葉が大嫌いだ。「ネットのエチケット」という意味らしく、なんでわざわざ造語にするかがよくわからないのだが、それはひとまずおいておく。
 たちが悪いのは、『マイルール』を『ネチケット』と言い換えることだ。そういう言い換えをする人たちは、根は悪い人ではなく、モラリストの場合が多いから、たぶん、無意識のうちにマイルールをネチケットと脳内自動変換してしまっているのだろう。
 モラリストだから、そのニセネチケット(うおー、最高にきもちわるいー)を他人に押しつけてくる。向こうは向こうで、腹立たしい思いをしているのだろうから、当たり前の行動だ。でもそれはあくまでマイルールの押しつけなのだ。ネチケット氏は理解していないけれどね。
 さらにたちが悪い奴は、そのどうにもならないモラルを、鵜呑みにして、拡大再生産をするわけだ。水に「ありがとう」と話しかけることを、生徒に指導する教師と同じだ。なーんも考えてないのに、「なんかかっこいいからちょっと尻馬に乗っかってしまおうかな? えへえへ」てな動機で文章を書き、ネットに垂れ流すわけだ。しかもそいつらは「これぐらい考えるべきだ! 君たちは考えがなさすぎる!」なんて書き添えてくる。考えてないのはどこのどいつだよ。
 確かに、ネットには暗黙のルールと化した決まり事のようなものがある。でもだからといって、誰かに教えられた『ネチケット』を鵜呑みにするのは大馬鹿者だ。正当で公共性のあるルールなら、必ず正当な裏付けがあるはずだ。裏付けを納得しない限り、そのルールに従うのは頭が悪すぎる。どっかのアホのせりふではないが、「君たちは考えがなさすぎる!」のだ。ああ書いちゃった。私もアホだなきっと。

 この記事はずるいことをしている。これだけ叩いておきながら、ニセネチケットの個別の具体例については書いてないのだ。「自分たちで考えましょう!」なんて、人間のくずみたいなことを書きたかったからだ。書かないもんねー、絶対。

| | Comments (5979) | TrackBack (4)

2004.02.24

激しい変化に対応するのは難しい

 どこで読んだのか忘れてしまったが、日本の景気はとっくの昔に回復傾向にあるということだ。金回りが悪くなっているのは、とっくの昔に役目が終わってしまった商売にしがみついている人たちばかりで、そうそうに転身を図った人たちは今、猛烈に忙しいことになっている、という。
 世紀の変わり目は、なぜか社会状況が一変することになっている。この数年間も、その例外ではなかったようだ。いくら安定を望もうとも、大嵐の中ではどうしようもない。

 うーん、本当はここから、めブログが妙にアクセスが増えてしまって、私の感覚が非常に悪くなっていることにつなげていこうかと思っていたのですが、何しろ感覚が悪くなっているものだから、ただでさえリハビリ中の身の上で文章力がへなちょこなところにもってきて、そうそうかっこいい文章が書けるわけがないことに今気がついてしまいました。
 そんなことで、まずは皆さんありがとうございます。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2004.02.23

何もかも皆、懐かしい。エヴァってこういう話だったの?

 こりゃヤマトでしたっけ。
 ごまめさんのところで、エヴァってこういう話だったの?という記事がありました。この記事はごまめさんの疑問に答えるものではないです。
 毎日新聞からの引用。

 「新世紀エヴァンゲリオン」は人類を守るため、人造人間・エヴァンゲリオンが、謎の敵「使徒」と戦うストーリーで、若者の間で人気を集め、映画化もされた。【山根真紀】

 こんな話でしたっけねぇ。
 よくわからかったけど、はじめて見たときはびっくりしたなぁ。よくわからないが、細部を徹底的にリアルに作ると、よくわからないなりに巨大な架空世界がとてもリアルに感じられる、という奴ですな。
 マトリックスもこれだものなぁ。

| | Comments (4) | TrackBack (3)

ブロガーがいない県があった! blog mapで一目でわかる、ブロガーの偏在

 一日経って、blog mapにかなり情報が集まってます。
 東京や大阪に密集している一方で、未だに一つもポイントがない県も結構ある。なんでだろう? ネットが不便というわけでもあるまいに。
 仙台、札幌、福岡でブロガーのオフ会をやったら盛り上がりそうだ、なんてことも思ったり。

| | Comments (3) | TrackBack (2)

名古屋のテレビ塔からお札をばらまいた人は、み○ほ銀行出身らしい

 春廼屋さんに、名古屋のテレビ塔からお札をばらまいた人についての記事
み○ほ銀行出身らしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

はてなアンテナを嫌いな理由

 なぜか、恋愛カテゴリー。
 はてなの杖日記さん経由で、かまくらさん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ZEEBRAはホテルニュージャパン横井英樹の孫

 capsctrldays
さん経由、はてなダイアリーキーワード解説
 officeさんの血筋を知った以来の衝撃だったな。
 はてなダイアリーのキーワードに「横井英樹」がちゃんと解説してあるのも衝撃だった。

| | Comments (16) | TrackBack (1)

訃報:「神秘珍珍ニコニコ園」園長亡くなる

 Web冷え汁経由で知ったのですが、あの「神秘珍珍ニコニコ園」の園長さんが亡くなったそうです。
 掲示板に情報があります。
 ご冥福をお祈りします。

| | Comments (26) | TrackBack (0)

デビット伊東と寺島進の見分けがつかない

 こっくている らぷそでぃさんが、新撰組!にデビット伊東が出ていた、と書いていた。私は見てないのですけどね。
 全然関係ないのですが、私はデビット伊東さん寺島進さんの見分けがつかないのですよ。何しろ、別人だと気がついたのがつい最近なんですから。寺島さんはオフィス北野所属で、北野武さんの映画には必ず出てきますから、「いいなデビ、かっこいい役もらって」と本気で思っていたのです。
 こないだ、「DRIVE」という映画のメーキングを見て、あれちがうぞ、とようやく気がつきました。だって全然ギャグをいわないんだもの。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ブックマークしてくれる人がいるうれしさ

 アルジャーノンに掌底をさんが、雑感という記事の中でこんなことを書いていた。

私にとって通り過ぎて行く人が1000人いるよりも
ブックマークしてくれる人が10人いるほうが嬉しいという事だ。

 くーっ、わかるなぁ。常連さんのいるうれしさ。関心を持たれているといううれしさ。広大なネットの中で、自分が個人としてちゃんと認識されているといううれしさ。
 いや、通りすがりの読者にブックマークして頂けるのはそれぐらいの比率でもあると思うわけですがそれはさておき。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

2004.02.22

blog mapで泣き濡れてみる

 d-s-jさんが「blog map」というおもしろい企画を始めました。
 すでにおなじみの顔も集結し始めているようですので、乗り遅れないように!

| | Comments (7) | TrackBack (0)

とても突き抜けたパソコンデスクを設計している人

 バカぽんの気ままにデンジャラスさんで、パソコンデスクの設計をしていた。大ネタだ。
 作ってほしいなぁ。できたら見せびらかしてほしいなぁ。
 液晶モニターが安くなって、こういうのも比較的実現しやすくなったというのはありますが、でも作ったらかっこいいぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブロガーよ、ブログを捨てて町へ出よ

 いや、自分にいってるんですけど。それに、ブログをやめよう、というわけではない。
 今のブログはおもしろすぎるから、読み始めると止まらなくなり、ずーっとパソコンの前に張り付きっぱなしになる。朝見て昼見て夜見て、睡眠時間を削ってさらに見る。
 そういえばずいぶん昔、インターネットを始めたばかりの頃も、あちこちのサイトを見まくって、晴れたさわやかな一日を、陰気くさい自室でずっと過ごしていたのを思い出す。
 まあ、しばらくは仕方がないかもしれない。でもどうせなら、カメラ付きケータイを持って、外の風景を撮影してきちゃどうだろうか。ココログなら、メールで送りつければ画像がそのまま張り付く。
 ネットからネタを拾って、加工してまたネットに流すのもいいけれど、どうせならオリジナルネタで勝負したいところだ。
 1/6Bさんの読んでて不愉快なblogという記事にトラックバックしておきます。私はやってないはずなのだけれど、でも読んでどきどきしてしまった。たぶん、指摘に非常に近いところでブログを書いているからだろう。
 なんといっても、足で稼いだ独自のネタが一番強いのだ。たとえ、きわめて個人的な事柄でも、読者の共感を得られれば成功だ。

 とはいえ、これからも私は再加工ネタが多いだろうな。そもそも今日も外に出られそうもない。せっかく買ったauも宝の持ち腐れだ。なんともはや。

| | Comments (7) | TrackBack (3)

2004.02.21

巻き込まれてみるのも、楽しいかもしれない

 なんか、さっき書いた記事の内容が内容なんで、紹介するのに気が引けますが、すんげーかわいいので紹介せずにはいられない。
 はっかあめさんの七転八倒。こんなことあるよなぁ。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

ココログの込んでいる時間に更新する

 とある独身胃癌患者ののん気なmemoさんのnetピーク時遅すぎという記事。深夜の混雑帯をさけて更新した方がいいかも、という話です。
 ただその時間帯は、読者も多いんですよね。新鮮なネタが多いから、記事も書きやすい。
 今朝はやたら早い時間に記事を書きまくってみましたが、なーんとなく、誰もいない原っぱで、一人で缶蹴りしている気分になってました。
 お祭りは、人がたくさんいるからこそ楽しい、と、渋谷の雑踏が大好きな寂しがり屋は思うのでした。

 つーか、ココログはサーバー増強の時期ですよ。

| | Comments (12) | TrackBack (2)

強いものに巻かれてばっかりの、カッコ悪い奴にはなりたくない

 Going My Wayさんの自分の位置を確認するという記事。
 すりあわせはどんなときでも難しいのであります。ビジネスの世界、なんていわなくとも、ごく普段の生活の中で、ちゃんと自分を確立していないと、誰かに都合のいいように使われっぱなしだったり、逆に押しつけてしまって知らず知らずのうちに嫌われていたり。
 強いものに巻かれることも必要ですが、そればっかりじゃどうにもならない。
 自分を見つめるのは、時としてとても痛みを伴いますが(特に虚勢を張り続けている奴。あ、私か?)見つめなければ長い年月の間には負けますな。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

住んでみたいところ。

 こんなものをめブログに書いてどうするんだ、というのもありますが。
 あくまでメモ。

○沖縄の内陸部。本当は、海がかすかに見える高台がベスト。
○静岡県沼津市。富士山が見えるところ。
○東京タワーが間近に見える部屋。
○中心に大きな川が流れている、昔は栄えていたとても古い町。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

「起承転結」を意識して書く、のウソ

 KIKI :: GOLFとゴルフを楽しむページさんで、野口悠紀雄さんの『「超」文章法』から引用していた。
 簡単に言えば、どの冒険物語も5つの段階を経ている、ということ。いわゆる「起承転結」を違うわけ方にしてみた、ということです。
 「起承転結」という段取りは、実は荒っぽすぎます。物語をこれで書こうと思うと、「承」の部分が長すぎてしまうのですね。そもそも、それぞれの段階はどこからどこまでなのか、よくわからない物語も多いのです。
 確かに、どの物語も「起承転結に」当てはめようと思えば当てはめられるので、間違ってはいないのです。評価するときには使えると思います。でも、作るときには今はあんまり役に立たないのが「起承転結」なんですね。

 「超」文章法、私は未読なんですが、こないだブックオフで買おうと思って手にとって、やっぱり書棚に戻してしまいました。買っとけば良かったかも。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

究極の開運グッズが楽天市場にあった!

 素敵オヤツライフさんが、「バレンタインのお返しはコレに決めたんだ!!」といきり立ってました。
 リンクをたどってみてください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

敏いとうとハッピー&ブルー

 SA's in my own writeさんがすごい勢いで「敏いとうとハッピー&ブルー」に言及中。必見。
 敏いとうさんというのは、外見はごくふつうのおじさんなんですが、かなりの変わり者らしい。一度テレビで紹介されているのを見たことがありますが、どう変わり者なのかは完璧に忘れてしまいました。ダメな私ね。
 だから、掘り起こせばいくらでもネタが出てくると思います。SAさんは大鉱脈を見つけましたね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

好奇心を持とう! 知りたい気持ちは人間が成長する原動力だ

 小さな子供を見ていると、何でも知りたがる。子供の核心をつく質問には、答えに窮することも多いが、あきらめないで、答えようとがんばってみると、「大人の考え」がいかに底が浅く、ご都合主義であることに気がつかされたりする。
 ビタミンXさんのビジネスマンとして伸びるための条件という記事。アサヒビールの元社長で、ドライビールを当てたことで会社を大躍進させた、樋口廣太郎さんの言葉を引用している。

「人が伸びるか伸びないかを判断する基準のようなものはない。ただ一つだけ『ビジネスマンとして伸びるための条件』があるとしたら、それは『好奇心』をもっていることではないか」

 ここでは、ビジネスマンと限定しているけれど、おそらく、すべての面で、人間として成長していくために、好奇心はとても大事なのだと思う。
 好奇心が不要なのはどういう生き方をする人なのか、と逆に考えてみたのだが、とうとう思いつかなかった。
 ただ、どうせなら、プラスになる好奇心の持ち方をしたいとは思う。つい、のぞき趣味や、人の足を引っ張るためだったり、少々嫌らしい興味の持ち方をしてしまいがちだが、これでは人間がゆがんでしまいそうだ。
 子供の純真な心を取り戻すのは難しいけれど、子供のような好奇心になるように心がけたいとは思う。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

ココログの残り容量の心配をする

 めブログではまだずいぶん先なんですが、そろそろ容量の残りを食い尽くす期限が見えてきたユーザーもいるようです。
 観測気球さんのところからのトラックバックで知ったのですが、SO505i Stand-by Dispさんのところでは集計の上、グラフ化していました。使いまくってるなー。
 一杯になったら、どうするんでしょうね。そもそも30Mは少なかったような気もするし。
 最近、ココログのサーバーがアクセス過多のようで、操作するのに重すぎる時間帯もあります。そろそろ増強の時期なんですかね。大変だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブログ見すぎて死んじゃうでつ

 たまたま見つけたんですが、http://home.newsch.net/blogger/は誰がやってるブログなんだろう?
 このドメインのトップは深水さんのnewschだしなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハッカーの身だしなみ、ハッカーの自己主張

 和の心に酔いしれろさんの記事。「ハッカー」という文字を切り抜いたステッカーです。サイトのトップはここ
 よけいな解説ですが、「ハッカー」という言葉は「天才」「偉人」「金持ち」などと一緒で、自分で「俺はハッカーだ」と主張するとアホに見えます。
 そうか、最近は「ハッカー=悪」という用法ばかりだから、「俺は悪だぜ」って言い方なんですかね、このステッカーは。
kelvin-vaio.gif

| | Comments (48) | TrackBack (0)

2004.02.20

TypePadのモブログ機能拡張で、ココログも高機能化か?

 大変楽観的なタイトルにしてみました。
 blog@Junkie Surfer NotesさんのTypePadのモブログ機能が拡張されるそうです。という記事。さらにたどると、B-log Cabin TP: TypePad 新版で、Moblog 機能大幅強化へ!
 こんなの調子に乗って使ったら、ディスク容量があっという間に足らなくなりそうな気がする。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

昭和の暮らし博物館

 行こう行こうと思って、なかなかいけない「昭和の暮らし博物館」が、エキサイトニュースでレポートされていた
 古い木造の家は、中にいるとなぜだか落ち着くのですよ。古くても、大邸宅だと落ち着かないですから、今の家より間取りが狭いのがいいのかもしれない。
 私の部屋の押入を一つ、整理して入れるようにして、中でこもって瞑想でもしようかしら。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

脳の右側で描け

 Gussan.netさんで、「脳の右側で描け」を始めるそうです。
 だいぶ前に、めブログでもメモっておいたと思うのですが、えーと、どこだっけかな? あ、これだ
 Gussan.netさんのところの進行具合を見てから、私もやってみる予定。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.02.19

ふと気がつくと……

 例の記事にコメントをつけて、ブログの一日が終わってしまいそうなのであった。今、そのときに切実に思っていることに、ちゃんと反応して頂いて、まったくありがたい限りだ。
 リハビリ中なだけに、ちょっと今までと違う反応をいただくと、おたおたしてしまうのは申し訳ない限りではあります。
 なんにせよ、ブログを開設して良かったと思った今日の一日でした。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2004.02.18

私の一番気持ちいいこと

 一日穿いていた木綿の靴下を脱いで、シーツの上を歩くこと。
 これ以上の快感ってそうそうないような気がします。どうでしょ?

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ブログのルールをたくさん作ると、ブロガーを萎縮させて三日坊主を増やす効果がある

 ルール作りが好きな人は多いようで、あちこちのブログで、ブログ語りのついでにいろんな規制が日々提案されている。かくいう私も、お恥ずかしながら過去に確か何回か書いているはずだ。
 自分で自主規制を考えて、それを実行しているだけなら、それもブログの色となるわけで、オーナーのキャラクター作りということからすればいいことだと思う。ところが世間に向かって「こうしましょう」と提案し始めると話は変わる。
 私は最近、映画のシナリオを書くためのマニュアル本をたくさん読んでいる。シナリオを書く予定は全くないのだが、これがとてもおもしろいのだ。米国では、優れたこの手の本がたくさん出版されているそうで、日本でも何冊か、翻訳されて出ている。日本の人気脚本家もたいていは一冊ぐらい書いていて、見た映画のシナリオがどういう方法で書かれたか懇切丁寧に解説されていたり、脚本家の精神論が読めたりして、それはそれでなかなかおもしろいが、ここでは日本のほうはひとまずおいておく。
 翻訳物に共通して載っているものが一つある。「自己批判に負けるな」ということだ。発表する文章を書くのがいやになるのは、たいていは「こんなの書いて笑われるのでは」「くだらないな」といった自分の文章への自己批判が強すぎるときだ。創作意欲と批判心が常に戦い、意欲が負けてしまうとその先は書けなくなる。
 自己批判を強めるのは、外部からの情報だ。リンクをすると迷惑だろうか、とか、ブログとはいったい何なのだろう、とか、日記はかっこわるい、とか、トラックバック返しはみっともないのか、とか、そういう外部からの規制情報をたくさん知ってしまうと、どんどんどんどん書けなくなってくる。
 開き直ってしまうのが一番いいのだ。俺は俺、あたしはあたし、なのだから。書けなくなってきたら、自分の心にある自己批判を一度じっくり観察して、なんならパソコン上に書き出してしまって、ファイルごと消して、きれいさっぱり忘れてしまった方がいい。
 こんなことが、ハリウッドで読まれているシナリオの書き方の本に載っているわけだ。ご参考までに。

| | Comments (20) | TrackBack (2)

経営者には六段階の時期がある トヨタ自動車販売社長のことば

 Denから。

「経営者には六段階の時期がある。

 第一の段階は、社長個人でお金を儲けようとする時期。
 第二の段階は、会社として利益を生み、蓄積を考える時期。
 第三の段階は、売上高や社員を含めて、会社全体を大きくしたいと願う時期。
 第四の段階は、人や組織作りに一生懸命になる時期。
 第五の段階は、業界や、世の為、人の為に尽くす時期。
 第六の段階は、死んだとき悪口をいわれないように努める時期。」

                    神谷 正太郎(トヨタ自動車販売社長)


 ちゃんとオチがあるのがいい。
 ただこれ、たぶん、新米社長が意識してできるものではなくて、ベテラン社長が自分の人生を振り返って感想として出てきた言葉だろうから、あんまり役には立たないかもなぁ。
 こんなのが週刊で届くDenメールはおすすめ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

えっ? こんなにあるの? MyblogListでアクセス数を知る驚き

 MyblogListを試しに設置してみたのですが、BlogPeopleにカウンターがあった頃の数字より2倍ほど多くてびびっております。めブログって、こんなに読者が多かったの? なんで数字にこんなに違いがあるのかはなぞですが、それはまあおいといて。
 なんか、感動で目がウルウルしております。私はジャニーズ系の美少年ではありませんから、みっともないだけなのでありますが、感動しております。
 ありがたい限りです。こんなリハビリ文章を多くの読者に読んで頂けるなんて、ブログをやっていて良かったと本当に思います。
 楽しんで頂けているのでしょうか。それだけがちょっと心配。
 えらそうなことを連発して書くから、引いちゃってないかと。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

牛丼・牛丼・牛丼・牛丼・牛丼・牛丼・牛丼・牛丼

 味はどうでもいいと思うのですよ、実は。280円とか290円というものすごい安い値段で、ほどほどおいしく、かなりのボリュームがあって満腹感が得られる、こういう貴重な外食がなくなるのがたまりませんね。
 個人的には執着はないです。もともとすき焼きですからね、あれは。食べたくなったらすき焼きを食べればいい。

 こんなことを書いてますが、今までだって時折無性に食べたくなる、まさに禁断症状が出ることもあったわけです。ここしばらく、値段が200円台になって、非常に頻繁に食べるようになっていたから、禁断症状が出てくる暇がなかっただけで、以前は一ヶ月に一度ぐらい、頭の中で「牛丼・牛丼・牛丼・牛丼……」と繰り返してしまう一日を送ることもありました。
 田中康夫長野県知事が、県庁の前に吉野家を誘致した、なんて話を聞いたことがありますが(本当に誘致したのかは知らない)、その気持ちはよくわかりますね。

 あればどうでもいい、でもないと困る。高校の頃からずっとつきあっていて、でも結婚はしない彼女、みたいなもんです。
 牛丼太郎ではまだ食べられるらしい。秋葉原にはあのサンボという店もある。自宅から数駅離れたところにも小さな店がある。大手チェーンではない小さな牛丼店があちこちに意外と存在することを、この異常事態で認識することになりました。

| | Comments (4) | TrackBack (4)

2004.02.17

auにはじめてのメールは、やっぱりスパムだった

 なんだろ、と思ったら、着信していたのはCメールで、エロサイトのスパムだった。
 今までDDIポケットだったから、スパムとはほとんど縁がなかった。おかげでとてもびっくりしてしまった。
 やっと流行に乗れた気がしたが、やっぱりイヤなものはイヤなので、auに問い合わせ。
 Cメールなんか絶対に使う予定はないのだが、機能停止はできないらしい。仕方がないので、設定で着信音の音量を下げ、LEDを消した。頻繁に通報する決意もした。
 新しい機種ならフィルターの機能がついているらしいが、去年の5月に発売されたうちのA5401CAIIにはそんな気の利いたものはない。新しい機種の利点は、カメラや画面の解像度だけではないようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

しばらくBlogPeopleのリンクをはずします

 BlogPeopleはユーザー急増でアクセスが殺到しているようで、サーバーが過負荷らしいです。
 ということであんまり負荷を掛けるのも申し訳ないのと、めブログの表示がおかしくなることもあったので、しばらくBlogPeopleの表示をやめます。しばらく様子を見て、また復活させる予定です。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

「パクり」非難に見る、あの業界の二重構造

 FlowerLoungeさんの愛知万博デザイン、ロックウェル作品と「そっくり」の声という記事。

これくらいでパクリとか言われちゃたまんないな。
っつーかきちんと作品がコンセプトに沿っていれば模倣だっていいだろうに。

 私も全く同意見です。模倣とか引用とか、他者の著作物の再利用について、世論は少し厳しすぎです。このままでは創作の源泉が枯れてしまいます。
 なんで厳しいのか。著作物で金儲けする一面においては、クリエイター側(というか、彼らを雇っている人々、といったほうがしっくり来ますか?)がとても厳しいからです。著作物のコピーで金儲けするという方法を維持するためには、基本的には、他人が自分の著作物をまねすることを絶対に許してはならない。マネを許せば、オリジナルの価値はたちどころに下落して、もうけは急速にしぼむ。
 今回、とても叩かれまくったのは、コピーライトを厳密に運用して利益を上げている企業が、そのルールをゆがめたからでしょう。警察官が泥棒をすると全国紙が一斉に報道するのと同じことです。
 世論の怖さを知り尽くしているこの会社が、こんなに目立つものでこの程度の間抜けなことをするということは、創作の源泉はそろそろ枯れ気味なんでしょうか。それとも世論なんかいくらでもコントロールできると、高をくくって突っ走ったのでしょうか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.02.16

「初心者向け」だけではない、ココログなどのブログレンタルサービスの大きな利点

 実は、めブログを開設するよりずっと以前、MTに日本語対応のパッチができた頃に、自分のサーバーにMTをインストールしてブログを開設してみたことがある。でもしてみただけで継続的に運営するのはやめてしまった。サーバーのお守りをするのがとても面倒そうだったからだ。
 CGIを動かす以上、不正アクセスに対してサーバーが脆弱になるのは当たり前のことだ。定評のあるMTだからとてもよく作られていて、攻撃されてもそうそう進入されることはないだろうが、やはり欠陥はあるわけで、最新版のプログラムへの迅速なアップデートは必須だ。これがまずとても面倒そうだったし、しなかった場合は責任問題にもなる。
 ココログにはコメントスパムがほとんどないようだけれど、大量にあったとしても、たぶんニフティの管理側で一括して対応することができるだろう。
 それから、「カトゆー家」さんなどメタニュースサイトや、2ちゃんねるからもしリンクされたときに、一気にアクセスが流れ込んできてサーバーがパンクする事態も、想像すると少々怖かった。2ちゃんねるはともかく(笑)、カトゆーさんあたりに見つけられてリンクされるなんて事態は光栄以外のなにものでもなく、こないだ初めてリンクされたときにはとても感激したわけだが(正直、ちょっと目がウルウルした)、へなちょこな自分のサーバーであればうれしがってばかりはいられないのだ。
 ココログとかはてなとか、大きなブランドでくくられて、その中だけで独自の検索サービスなどがあったりすると、巨大なコミュニティとしての機能も働く。何も考えずに記事を書くだけで、一定数の読者に必ず見てもらえる。同じ機能を共有するために、利用者同士のノウハウの蓄積もものすごく早い。自分のサーバーでMTを立ち上げただけではとても得られない利点だと思う。
 細かいカスタマイズがやりづらいとか、MTにパッチを当てて独特なものにしたいとか、そういう用途には、ブログレンタルのサービスは対応しようがない。それが目的なら自分でサーバーを確保してやるしかない。
 でも私の場合、自分で書いたものを読んでもらいたい、というただそれだけが目的だったから、自分のサーバーでMT、というのは非常にめんどくさく億劫で、それなら2ちゃんねるで名無しで書いていた方がまだマシ、などと思ってしまった。
 自分でサーバーを持っていても、ココログにリンクを張ればいいだけだろう。下手に独自にMTを立ち上げるより、確実に自分の書いたものが読んでもらえるし、ブロガー友達もできやすいのではないかと思う。
 何より、記事を書くことだけに専念できるのはとてもうれしい。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

auの端末から送ってみるテスト

 添付した画像は端末購入直後に新宿駅南口のファーストキッチン前から撮影したもの。  うーん、文字入力に結構手間取るなぁ。味ぽんよりかな漢字変換が賢いのは間違いないから、単に慣れの問題なのだろう。  機種はA5401CAII。カシオの一世代前の機種だ。地元の家電量販店で悩んでいたらDQNカップルに買われてしまった機種だ。  ヨドバシカメラで6800円だったのだが、近寄ってきた店員のお兄さんに「1980円なら買う」とダメもとで言ってみたら、その値段になってしまったから、ほとんど衝動買い状態で買ってしまった。地元で買うよりポイント分安くなってしまった。ケータイの値段はむちゃくちゃだな。040215_1152001.jpg

| | Comments (7) | TrackBack (0)

奇跡が起こった! めブログ、開設から一ヶ月間ほぼ毎日更新

 途中で何日か休んだものの、一ヶ月の間、ほぼ毎日更新し続けたのは、三日坊主が人生の基本になっている私としては奇跡としかいいようがない。つくづくおもしろかったのね。
 てめえのブログを総括して記事を書くのはクズみたいなもんだが、まあ少々おつきあいのほどを。
 一ヶ月間の総記事数が128。ほとんど、初期の頃に稼いだ数字だ。初期には長文も下手は下手なりにばりばり書いていたわけだけれど、最近は書かないなぁ。なぜだろう? ネタ切れか? 書きたいことは日々現れるからネタ切れではないな。 そうか、めブログがそれなりに歴史を背負い始めて、このブログの中で人格に虚栄心が現れ始めたかもしれなくて、そのせいかもしれない。いい加減なものは書けないから、などという自負が、自己評価を厳しくしてしまって、書いたものを書くはしからどんどん自己批判してしまい、書くのがイヤになっている感じがする。もっと自由に書けばいいのだ。
 文体のほうはどんどん自由になっているようだが、本当はもっと格式張ったことを書くつもりだったから、これでいいのかという疑問がある。
 一ヶ月記念というわけではないのだが、auのカメラ付きケータイを昨日、とうとう買ってしまった。ほとんどモブログ専用だ。そこまでのめり込むかね、あんた。
 というわけではなはだ簡単ではあり、総括にもなにもなっていないわけですが、今後どもどうぞ末永くおつきあいのほどをお願いいたします。

| | Comments (7) | TrackBack (3)

ThinkPadの赤いのはネットで買いましょう

 モダシンアネックスで「ThinkPadの赤いのが売ってないぞ」とのことでしたので、お節介。
 トラックポイントのキャップは、IBMネットショップで買うのが一番です。アキバあたりのお店で買っても、どうせほとんど定価です。
 しかもIBMは、値段がいくらでも送料無料です。さらに、キャップを注文するときっと驚くことが起こります。(笑)
 キャップには種類が、クラシックドーム、ソフトドーム、ソフトリムと3種類ありますが、私はソフトリムが好きです。
 ついでに、Club IBMなんてものに入会しておくととてもお得です。一度、お取りつぶしの危機にあったのですが、ユーザーが大騒ぎをして何とか存続が決まったというお得サイトです。あ、今は1年間に10万円も買わないと入会できないのか。厳しいなぁ。以前は400円ぐらい払うと入れたのに。でも入るとむちゃくちゃお得。

| | Comments (11) | TrackBack (1)

自己紹介が難しいと感じるのはなぜか?

 チェリオメアリーさんが、ブログの自己紹介欄を埋めるのに苦労されていた。「100の質問」を引っ張り出してきてやろうかと悩んでらっしゃる。
 たぶん、自分のすべてをわかってほしいと思っているのかなと推測してみました。散文でそれをやろうとしたら大変なことになってしまう。
 そもそも自己紹介は、どこでするか、誰にするかによって大幅に変わるものではないかと。というのは、人間の評価なぞ、どのみち断面でしかないからなんでしょうけれどね。
 自己紹介を俳句でする、というのを考えてみた。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

ブレア・ウィッチ・プロジェクトを当てたためにつらい日々を送った人たち

 あー、いい記事だなぁ。アメリカ人はこういう人たちにとても優しい。
 Newsweek魔女が残した「一発屋」の呪い
 日本人はその反対だ。「派手なことをやらないで地道に暮らせばそんな目に遭わなかったのに」というのは、そのとき不遇だったある人物を評した、私の母の言葉だ。私が「リスクを背負うからおもしろいこともできるんでしょうに」と反論したら、母は黙り込んでしまった。
 永遠に日の当たらないところではあっても平穏に生きるか、嵐に翻弄されつつもやりたいようにやるか。どちらにせよ、もう一方の生き方をなかなか尊重できないものかもね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.15

本は知識ではなく仮説を売っている

 あくまでメモ。というのは内容を理解できてないから。(笑)
 ひつじ書房社長日誌から、工業生産物と知的なコンテンツの産業としての違いが理解できていない『出版ルネッサンス』
 読んでてゾクゾクきたから、今自分の対面している問題を解決するツボの文章なのだろう。ただ、原典を読んでいないので理解できてないのであった。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

3月12日までに災害対策本部を設置してください

という主張を新宿駅南口で繰り返す女性がいた。
30歳ぐらいの身なりのちゃんとした人で、地べたに段ボールを敷いて、土下座の 状態で繰り返し叫んでいた。 「私は夫をほかの女に貸してしまいました。女は子供を生みました」 「誰かテレビ局、ラジオ局に知り合いがいる人はいませんか。細木数子は私の存在を 知っているのに無視しています。3月12日までに災害対策本部を設置しなければい けません」
主張はこんなところだった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.02.13

今日の大統領

どんな判決になるのでしょう。

原告 : 大統領
被告 : 瑞穂町
事件番号 : 平成15年(レ)第497号
事件名 : 慰謝料

期日 : 平成16年2月13日金曜
東京地方裁判所 民事第25部 民事第706号法廷 (7階)
裁判官 : 藤下健
裁判官 : 小池晴彦
裁判官 : 吉澤邦和 横地由美 齊藤暁子
裁判所書記官 : 富澤英美子 篠田敦
開始 : 13:15
終了 :
係名 : 乙1A
事件進行状況 : 判決言渡

| | Comments (36) | TrackBack (0)

2004.02.12

BlogPeopleから、表示回数データの提供がなくなった

 がーん。すげー悲しい。ブログに書く動機付けになってたのになぁ。
 BlogPeopleにログインして最初に現れる「会員トップページ」というところに、BlogPeopleのリンクが何回表示されたかというデータがあったのだが、今はなぜかなくなってしまっている。
 うーん、結構楽しみにしていたのになぁ。そんなに正確な数字ではないと思うんだが、おもしろい記事が書けたときには数の増加がはっきりと違っていたから、目安にはなっていたのだ。
 忍者の手裏剣はよけいなクッキーを食わせるからあんまり好きではないのだ。あー、復活してくれないかなぁ。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

ネットコミュニティに大阪勢が闊歩し出すと、そろそろ寿命

 大阪出身の方々には申し訳ない。でもこれは経験則ではあるが、事実だから仕方がない。過去にいくつも経験していて、さらに現在進行形の具体例をいくつか目前にしているが、さすがにここでは紹介できない。
 メーリングリストなどのコミュニティで、全国を対象にしているのに、大阪に住んでいる、あるいは大阪出身の人たちが幅をきかせるようになると、それ以外の人たちはどんどん萎縮してしまうという現象がある。
 彼らは他の地域出身の人とは違う価値観を共有しているようにも見受けられる。そもそも他人との心理的な距離のはかり方がとても違っている。
 ぐっと近づいたと思ったら、一気に突き放す。叩く、わめく。そして伝家の宝刀「東京ものは冷たい」というレッテルを貼り付けた上で、大阪弁を駆使して大阪勢だけで団結する。ネットで方言を連発するのは、大阪勢ばかりだ。
 東京でオフ会を開くと、「さんかできへん」と文句をいいつつ、他の地方をほとんど無視して大阪だけで頻繁にオフ会を開催する。オフ会参加者だけの独特な雰囲気を醸しだし、なれ合いが始まり、排他的な雰囲気ができあがってくる。
 ここで思い出すのは、大阪の若手お笑い芸人なら、「東京を罵倒する」というネタをたいていいくつか持っているということだ。テレビの全国放送では滅多に流れないネタだが、NGKに半日いれば2,3回はそんなネタを見ることができ、会場はウケにウケまくっている。
 そんな土壌だからなのだろう、「大阪VS東京」という対立構造がコミュニティの中に必ずできあがってくる。東京に住む人々は、そもそも地方出身者が大多数で、こういう構造がおもしろいわけがなく、コミュニティから距離を置くようになる。
 大阪勢はますます団結し、オフ会を頻繁に開き、オフ会参加者以外にはわからない話題が多く繰り広げられるようになり、排他的雰囲気が強烈となる。新規参入者がどんどん減ってくる。入ったとしても定着率はとても悪くなる。悪循環である。
 たぶん、コミュニティのテキストから「やから」「やね」「そうや」という語を摘出して、全体との比率をみれば、そのコミュニティのある種の寿命がはかれるのではないかと思っている。
 架空の敵「東京者」を設定することで大阪勢が団結するのは、きわめてよろしくないのだ。大阪の皆さん、知らず知らずにそんな行動に出ていませんか?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.02.11

イーバンク社長がライブドアに『ぶっつぶしてやる!』と電話する

 ぼけーっと休みを過ごしていたら、とんでもないことになっていた。
 以下、solvalou.netさんのライブドア vs イーバンクという記事から引用。こちらで勝手に手を入れています。

●1/5 イーバンクの松尾社長がライブドアの宮内取締役のケータイに通話。留守電にメッセージを残す。

●2/9 イーバンクがライブドアとの提携解消の方針を発表

●2/9 ライブドア、「勝手な提携解消ふざけんな」という見解を社長ブログで公表

●2/10 ライブドア、さらに社長ブログにて内部事情を暴露、徹底抗戦の構え。
「証券化業務で抵当権を設定して登記をしていないケース」というのは、我々の調査では類似ケースで既に判例もあり、実際に役員が、刑事告訴され、実刑が確定しています。

もう我慢できません。赤字を脱出したら、今度は下手な運用のために、増資ですか?我々は断固株主総会で戦うつもりですし、他の株主の皆様に、合理的な判断をお願いしております。


●2/10 ライブドア、留守電に残されたメッセージを公開。聴取にはライブドアのID取得が必要。
http://movie.livedoor.com/asx/corp/ebank.asx
「あっ、もしもし○○です。あんまり遊んでいるとお前の会社ぶっつぶしてあげるよ。オレは本気なるぞ、お前。そいじゃな・・・。」


 ライブドアが送ったメールマガジンは、ひげおやじの秘密小屋さんのライブドアさんとイーバンクさん大喧嘩の予感。という記事にあります。

 留守電の録音を聞くためにライブドアのアカウントをとってしまった。試しにブログ作ってみるかな。わはは。
 大人の喧嘩はとんでもないなぁ。と紅白の再放送を見ながら思うのだった。

*solvalou.netさんの記事に訂正が入ったため、こちらも訂正しました。コメントでお知らせいただきありがとうございました。

| | Comments (1169) | TrackBack (6)

2004.02.10

NewsGlueで読めない、News-Handlerと2ちゃんブログ

 News-Handlerはたぶん全滅。
 2ちゃんブログもよくとれないところがある。
 あと、自分のサイトでMTを立ち上げているところだとエラーになることが多い。
 うーん。これから良くなるのかねぇ。使い勝手はきわめていいんだけど。

 追記:myprofileもダメっぽい。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2004.02.09

価値のないものを覗いてなぜ捕まるのか-office逮捕への疑問

 けんのぼやきさんで、ACCSで逮捕の一件についてふれていた
 誰の意見を聞いても、最近、あの逮捕についてしっくりこない。個人情報は、漏洩させても知らんぷりできる程度のものでしかないらしいから。価値のないものを盗んでも罪になるなんて、変な話だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Googleナミビア版ができた

 SEM リサーチさんの記事ナミビアなんて国に向けて専用のコンテンツを作っても、儲かるもんなんですかね。こないだ、北欧のページを閉じていたようだけれど。
 早速開いてみた。英語がトップで、アフリカーンスページもある。
 アフリカーンスのページに日本語を入力してみたが、ちゃんと検索できた。当然か。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

そろそろauかなぁ……

 ちと古い記事だけれど、ぴっくあっぷさんがPHSを解約していた
 ぴっくあっぷさんのはPHSとはいっても、ふつうの音声端末ではなくて、@Freedカードだから私の現状とはちょっと違う。
 私は通称「味ぽん」を使っている。現状ではランニングコストがとても安くて、メールやネットを使い倒しても月額税込3,370円だ。
 しかし、モブログでカメラを使いたい衝動に抗いがたくなってきた。だっておもしろそうなんだもん。味ぽんに、トレバという外付けのカメラをつけてもできないことはないが、いかんせん解像度が低すぎる。
 日曜日に、auの端末の値段を調べに、近所の家電安売り店を何軒か回ってみた。カシオの旧機種(A5401CA)が1,980円と魅力的な値段ででていたのだが、どうせならリボルバー携帯(A5502K)が、などと悩んでいたら目の前で、蛍光色のトレーナーを着たたばこ臭い若いカップルが最後の一台を買っていってしまった。
 これは機種交換するなという暗示なのか、あるいはリボルバーをどうしても買えということなのか。どうでもいいか。

| | Comments (2) | TrackBack (3)

花粉症に即効性のある『お線香』

 チェリオメアリーさんのところの記事備長炭・木酢液のお香が花粉症に効くんですよ奥さん。
 通販のウェブを見ると、マイナスイオンだとか抗酸化作用だとか、備長炭、木酢液、ポリフェノールなど、健康商品の王道成分のオンパレードがしみて、目がしょぼしょぼします。でも効けば何でもいいや。
 ふと考えたのだが、木酢液と備長炭を線香にして燃やす、ってことは、成分としては部屋の中でたき火をするのと同じようなものではないかと。杉花粉症に杉を燃やすことで効果がある、なんてのはおもしろいかもしれない。
 炭焼きがなくなってから花粉症が爆発してきた、という指摘がウェブにはあるけれど、平地で炭焼きはないからなあ。関東平野のど真ん中で炭焼きをやる奴は昔でもそうそういなかったろう。いたのかな? あれ、急激に自信がなくなってきた。
 ただ、炭焼きに限定しなければ、昔はたき火があっちこっちで見られたわけで、しかもプラスチック系のゴミを燃やさないから、香ばしいとてもいいにおいがしていた。いつの間にか、たき火といえばケミカルなイヤなにおいしかしなくなって、そのうちそれも、ダイオキシン問題とともになくなってしまった。ケミカルな煙が蔓延しだした頃から花粉症が増えてきたのは、まあ、偶然なのだろうけれどちょっと気になる。
 私はそれほど花粉症がひどくないんだが、都心をうろうろうろつき回ると悪化する。アバウトな言い方だけれど、花粉が、というより、やっぱり空気が様々な有害物質で汚染されているのが良くないのだろうと思う。
 というわけで、樫の木のチップを用意しておいて、花粉症が悪化したときに部屋の中で小さなたき火をしたらどうなるのか実験してみたい。のこぎりの切りくずがあれば一番良さそうだけどなあ。

| | Comments (7) | TrackBack (2)

コンピューターウイルス感染に無警戒な『加害者』たちと、二次被害を放置するサーバー管理者たち

 ごまめのつぶやきさんのところで、あなたはウィルス散布の片棒を担いでいない自信がありますか?という記事。
 もう今さら感染するなよ、という話ですな。いくらでも防ぐ方法はあるわけで。対策ソフトすらインストールしないで感染したら、そりゃウイルスをばらまく加害者だろう。
 その上、メールサーバーの管理者もかなりアホが目立つ。
 たいていのウイルスは、差出人を詐称する。差出人としてメールアドレスを使われてしまったところには、ウイルスメールに対する様々な返信が届く。メールサーバーがエラーとして返してきたメールに、ウイルス本体がくっついていることが頻繁にあって、ウイルスを拡散させている。
 それにしても、ウイルスが添付されたメールに、ご丁寧に「あなたのパソコンはウイルスに感染しているおそれがあります」と返信するところが多いこと多いこと。以下、その一例。

DIONのメールサーバがウイルスを検出したため、該当のメールのfrom
アドレス宛にお知らせしております。
添付のメール配送情報にお心当たりがある場合、お客様のパソコンが
ウイルスに感染している可能性がございます。
至急ご確認をお願いいたします。

 体のいいスパムだ。さらにご丁寧なスパムを以下に。
あなたが hogehogehoge@mail.pref.kyoto.jp へ送信されたEメールの添付ファイル等 (ファイル名:document.pif) にウイルスを発見しました。(本メールは京都府が管理するウイルス対策サーバから自動送信されています。送信者を詐称するウイルスが最近多いことは、システム管理者の間で一般的に理解されています。) The mail message (file: document.pif) you sent to hogehogehoge@mail.pref.kyoto.jp contains a virus. (on sv248)

 わかってんならおくってくるなー! 次。
JENS SpinNetメールウイルスチェックサービスは hogehogehoge@hogehoge.hoge 様から hogehogehoge@yha.att.ne.jp
様へのメールにウイルスを検知致しました。しかしながら、ウイルスの駆除は出来なかった為、ウイルスが感染していた元の添付ファイルを削除しました。ウイルスにより送信者が偽装された場合は、実際の送信者と異なるメールアドレスに対し、本メールが送信される場合がございます。その際は本メールを削除ください。

 こういうメールが本当の感染者に届く確率を教えてほしいものだ。比較のため、これも引用しておこう。こないだ来た、バイアグラ売りのスパムから。
<送信者> DM-Master 東京都世田谷区ほげほげ 山田太郎 090-0000-0000
<事業者> ほげほげチャンネル
.配信停止の方はこちらまで hogehoge@ao.st72.arena.ne.jp
.※配信停止手続きから約48時間以内で反映されます。
.メールクリーニング機器の故障により数回も配信停止の人に
.送っている可能性がありました。誠に申し訳ありませんでした。
.そのような方は件名に「○回目」と回数を記入して上記アドレスに送ってください。
.それ以外の方は件名に配信停止と記入して上記アドレスに送ってください。
.※必ず配信停止のアドレスからお送りください※

 ウイルススパムも嘘でもいいからこれぐらい書いてくれ。まあこれも嘘なんだろうけどさ。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.02.08

現代の貞操帯は実用一点張りだが、金属探知器には弱い

 X51.ORGにトラックバックしてみよう。なんかどきどき。
 ギリシャのアテネ空港で、英国の女性がつけていた貞操帯が金属探知器に反応したらしい。X51さんは「貞操ベルト」と書いているが、やっぱり「貞操帯」のほうが雰囲気がでる。
 貞操帯が流行したのは、記憶によると確かローマ帝国の時代で、奥さんの浮気をおそれる兵士が、遠征する前に取り付けていったというシチュエーションだった。もっとも、貞操帯の合い鍵を売るとか貸すとかの商売もあったそうで、本来の目的の機能はあんまり果たさなかったらしい。
 そもそもこいつは非常に不潔な存在なのだな、ちょっと考えればわかるとおりで。穴は開いているとはいえ、排泄物がこびりつくのは時間の問題だ。ローマ時代のヨーロッパは今から比べればただでさえ不潔だったはずで、こんなものを取り付けられていた女はすごいにおいだったと思う。
 材質も、革製ならともかく、木製とか鉄製もあったようだ。私は鉄製の現物を見ていたりするのだけれど、女性器の開口部の周りに、剣山みたいな針のとげとげがくっついていて、あんなものを不潔なまま股につけていたら、たぶんおむつかぶれのものすごい状態になると思う。
 実際、拷問(あの時代においては徐々に執行する死刑のことであります)に使われていたそうで、セックスがらみで有罪となり、貞操帯装着の刑に処せられた女は、感染症で死んでいったらしい。

 ところで、ココログのカテゴリーはこれでいいのか? しっくり来るのがないのでこれにしてみる。

| | Comments (7) | TrackBack (2)

三菱鉛筆は三菱グループではない

 案外有名だと思っていたが。雅楽多blogさんところから、asahi.com。そして、三菱鉛筆のウェブサイト
 三菱鉛筆の社用車は、関係ない割に三菱自動車のが多い、なんて話も聞いたことがある。三菱のマークを付けた車がトヨタ、日産じゃかっこわるいものね。営業所が相当がんばるでしょう。
 三菱鉛筆の三菱マークは、創業者の眞崎家の家紋、三鱗(みつうろこ)から。
 三菱財閥のほうは、やはり創業者の岩崎家の家紋、三階菱と、土佐藩藩主の山内家の三ツ柏を合成しているらしい。湯島にある旧岩崎邸にいくと、三菱マークはなくて、三階菱だけがあちこちに見られる。

 ついで。三井グループの基礎となったあの三越だけれど、三越マークは酒類には使えないらしい。私は三越でお酒を買うなんてお大尽なことはしたことがないが、包装紙が違うらしい。お試しあれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.07

テレビの取材クルーがいつもいる場所

 今日、実は巣鴨地蔵前商店街にふと思いついて行ってみた。本当に思いついて行ってみただけで、すぐ帰ってきてしまったのだが、巣鴨地蔵の門前で、TBSのベストタイムの取材を見かけた。
 巣鴨地蔵前は、テレビを見ていると一週間に一度は必ず出てくる。どうせならあのあたりにサテライトスタジオでも作ればいいのに、なんて思ったりもする。今はそんな時代でもないか。
 テレビクルーが年中取材をしている場所は、だいたいこんなところだろう。
○巣鴨地蔵前
○新橋駅前
○新宿高島屋前
○渋谷センター街入り口
 この4カ所では実際にクルーを見かけている。
 新橋では、局舎がご近所の日テレ
 新宿高島屋では、TBSのはなまるマーケット。ここでは何回かクルーを見かけているが、一度、生の堤信子タソがいた。サインもらえば良かった。
 センター街の入り口では、渋谷ビデオスタジオで行われる公開録画の、観客を集めていることがある。
 テレビに出たい人は、このあたりでうろうろしてみましょうね。ちなみに私は一度も声を掛けられたことはない。やっぱしなぁ……。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

お好み焼き『ねぎしょうが』その2

 雅楽多blogさんのところで、ねぎしょうがのお好み焼きを作って頂いた模様。ということでこちらの記事は第二弾です。
 私が食べるねぎしょうがは、しょうがの量が結構すごいです。ねぎに負けないぐらいの分量を混ぜる。ガリって、大量に買うと安いものなので、そういう使い方をするのだと思います。
 具はそれだけです。あとはソースでもマヨネーズでも掛けてどうぞ。案外、お醤油というのがいいかもしれない。さっぱりしているのでいくらでも食べられてしまいます。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

ブログに書く意欲が減退した理由は、officeさんの逮捕がきっかけか?

 どうもこのところ、ブログへ書けない。なんでだ? といろいろ考えてみたら、どうやらofficeさんの逮捕が効いてしまっているらしい。別に友人でも何でもないんだが、妙に感情移入してしまっているのだ。
 去年、彼がACCS相手に暴れていたとき、端で見ていて(何しろ、彼はネットで目立つからね)「まずいなー」と思っていた。大丈夫かよ、と心配していたら、半年ほど経って逮捕されてしまった
 たぶん、この逮捕に至るまでの出来事には、何人もの関係者の中に「怨恨と復讐」の気持ちがあったのだろうと想像したら、ひたすら気分が落ち込んでいってしまって、あー、てなもんです。これについていろいろ書こうと思ったのだけれど、リハビリ中のブロガーには荷が重すぎた。
 今日、久々にうまいものを喰って(とはいえ、B級グルメだけど)、ようやく復活してきたところです。そのうち、もうちょっと元気になったらなんか書きます。つーか書きたい。他の人に書かれちゃうな、きっと。書かれているのを発見したら、教えて頂けるとうれしい。
 とりあえず、リハビリ中の身の上だから、めブログでは極力明るい話題を拾っていこう。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.02.05

IEに似たマークに、オタク? の方は反応するかどうか

 こちらの記事に、トラックバックで軽くつっこんどきます。
 ネットになれた人ほど、あのマークから疎遠になるものです。つーか離れたい。できる限り遠く離れたい。危ないもの。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ネットではいかなる個人情報も入力してはいけない

 暗澹たる気分になってしまった。気持ちは上向くどころが地を這い回るのみ。
 Net Securityからの引用。

>> 目からうろこが落ちる発想の転換! 個人情報なんか漏れても問題ない!?
このところの動きを見ていると、どうやら世間では

 ・脆弱であることを知っていながら、それを放置してサーバを運営することは問題ではない。
 ・上記に関して刑事責任を問われることもない
 ・損害賠償(民事上の責任)はしなくてもいいし、してもいい。民事で告訴されることはめったにない。

ということになっているらしい。


 どははははは。もうネットを使う気にならないです、わたし。

| | Comments (11) | TrackBack (5)

『ぬ』を発見!

 「ぬ - (そらつきゃーぶろぐ)」というブログを発見した。ぬははは。去年の12月、ココログのサービス開始直後に開設しているみたいだから、めブログよりだいぶ先輩になる。
 どうやら、沼津のぬ、らしい。いいよなぁ、沼津。富士山が見えて、穏やかな海にも近くて、気候は温暖だ。食い物がうますぎ。ちょっと足を伸ばせば熱海だし。一回住んでみたい。
 それにしても、コメント欄に「ぬ」が並ぶと、「め」と区別がつかないのが素敵。こうなったら「の」とか「あ」とか探してみたい。

 こないだテレビを見ていたら(NHKのクイズ番組か?)外国で漢字がプリントされたTシャツが流行していた数年前のことをやっていた。女性に一番人気の文字は「の」だったらしい。丸くてかわいい、だそうだ。
 ひらがなは表音文字ではあるが、成り立ちは漢字がルーツで、表意文字だ。「の」がかわいいなんて、表意文字のアイコンさ加減が胸に迫ります。

 つか、なーんか気分が優れないのですよ。鬱、というほどではないんだが、なーんかぱっとしない。週の後半なんかこんなもんですかね。
 休みになったらうまいものを食いに行こう。だいたいこれで治るから便利だ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2004.02.04

武士は喰わねど高楊枝

 誰にも見てもらえないブログであっても、スポンサーが付かないギャラ無しの文章であっても、志だけは高く持とう。

 久々のこのカテゴリー。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

NewsGlueでエラーでまくり

 更新すると、なぜかエラーがでまくる。しかも、MIYADAI.comあたりでも「文字列は有効な DateTime ではありませんでした」なんてエラーだもの。わたし、なんか悪いことをしてるのかなぁ。謎だ。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

はてなアンテナの制限がきつくなったため、巡回先の見直しをする

 はてなアンテナで有料化のために、無料で使い続ける人たちへの制限がきつくなったのは以前書いたとおり。
 いろいろ考えて、これをきっかけにして、巡回先の見直しをすることにした。なにしろ今まで多すぎた。古くから見ているところをそのままにして、新しく知ったサイトをどんどん追加していたから、とてつもなく多くなってしまった。
 でも、個人ニュースサイトは多く見て回ればいいってものでもなく、キーポイントになるサイトを重点的に巡回すれば重点だったりする。おもしろいネタは、ニュースサイトのニュースサイト、いわゆるメタニュースサイトの大手どころに集約されてくるからだ。まるで、水が低地に集まって湖沼になるような、そんな感じ。
 そういえばこの間、「三時間睡眠」のネタが、いろいろ回り回って「カトゆー家断絶」に載ったのにはびっくりした。ネタが良ければあそこまで流れていくのか、と。しかもあの記事は、確か開設一週間ぐらいで書いたものだったから、もうカトゆーに見つかっちゃったかと驚いてしまった。それはさておき。
 できるだけRSSリーダーで見るようにもしたい。はてなアンテナ経由より、圧倒的に高速に見て回れるからだ。数倍は早く巡回できる。
 ところが、RSSに対応しているところが、古いサイトではほとんどない。せっかくMTを使っていても機能を殺していたりして。たぶん、サイトオーナーとしては、ウェブサイトとして見てほしくて、テキストだけを持って行かれるのがいやなのだろうと思う。
 めブログについては、是非RSSで見ていただきたいと思っている。まず、テキストを読んでもらうことが大事だと思っているからだ(駄文ではありますが、とにかく一生懸命書いています)。だから、ウェブとしてのデザインの完成度を高めたいと思う気持ちにならず、ほっときっぱなしのままだ。

 というわけで作業をした結果、はてなアンテナのほうは200までいくらか余裕ができ、OPMLに登録が増えた。でもまだまだ改善の余地がありそうだ。
 めブログはもともとムラのある更新なんだが、そんなわけでちいと更新が滞っている。コメントとかしてなくてごめんなさい。いろいろ考えていたらまとまらなくなってしまったというのもあるのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.03

めブログでは、少なくともウェブ日記としては書いてない

 この手の話題はもうさんざん議論されたのは知ってます。以下、自分のための覚え書きみたいなものです。

 私はこのブログを日記だと思ったことはない。日記としての記事を毎日書こうかと思ったことはあるが、つまりは現状の記事を日記だと認識したことはない。
 ブログの記事はあくまでブログ向けで、日記を書くこととはとても離れたところで書いていると思っている。
 ところが、よその人のブログなどを眺めていると、「ブログ=ウェブ日記の進化形」としか認識してない人が多い。この感覚でブログを見てしまうと、ブログの可能性がとても狭まってしまって困る。
 そう思いこんでいる人たちをこのブログから説得することはとうてい無理だし、実際にウェブ日記としてしか使っていない人たちもいるわけで、誤解を増幅させてしまうのは仕方がないことかもしれないし、ウェブ日記としてブログを使う方法も悪いわけではない。
 とにかく、めブログはウェブ日記ではない。ウェブ日記なら、私は書かない。ウェブ日記は、自分の私生活の暴露ぐらいの役割しかないと思ったからだ。このウェブ日記への評価について、反論があるかもしれないから言い換えるとすると、ウェブ日記を私が書いた場合は、私生活の暴露ぐらいのことしか書けない。だからウェブ日記なら書かないのだ。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

明日の大統領

 大統領の動向を、いつもの裁判ウォッチ東京から。

原告 : 大統領
被告 : 福生市
事件番号 : 平成15年(レ)第496号
事件名 : 慰謝料

期日 : 平成16年2月4日水曜
東京地方裁判所 民事第24部 民事第627号法廷 (6階)
裁判官 : 大橋寛明(全係)
裁判官 : 齊木教朗(合議B係) 今井和桂子(〃A係)
裁判官 : 高島由美子(全係)
裁判所書記官 : 杉本由紀子
開始 : 15:30
終了 :
係名 : 合議A
事件進行状況 : 第1回弁論


| | Comments (4) | TrackBack (0)

電波でへろへろ

 ちいと電波系のウェブを見て回ったら、すっかりやられてしまって、今へろへろです。
 やっぱり本物はすごい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

すごい勢いで広まった『Mydoom』に、わざと感染したのはどれぐらい?

 あまりにも早く蔓延してしまったから、一般のマスコミのほうが大騒ぎしている感じもあるコンピューターウイルス「Mydoom」だけれど、このウイルスが標的としていたSCOのウェブサーバーが見事にぶっつぶれてしまったようだ。
 それにしても、えらく素早く広まってしまったものだ。このウイルスの感染力が優れているのは確かだろうけれど、とはいえ過去に出現している類似ウイルスとそれほど違いはないようにも見える。ウイルス対策ソフトがかなり普及している現在、こんなに感染が広がるとは面白い現象だ。
 SCOという会社はどういうつもりなのか、Linuxコミュニティに喧嘩を売って、訴訟しまくっていることで有名。ほとんど言いがかりに近い理屈で訴えているから、むかついている連中も無数にいる。
 こんな恨みを買っている会社に向けて、攻撃をするためのウイルスが出てくることは、行為としては正しくはないが、この世の中、正しいことをする人間ばかりではないから、当然といっちゃ当然。
 それで、SCOのサーバーを直接攻撃するならとっつかまってしまうこともあるだろうけれど、Mydoomに感染したパソコンを放置するなら違法ではないだろう。Mydoomに手持ちのマシンを感染させるだけで、安全な形でSCOに仕返しができる。
 感染しているマシンがある場所は、どうも偏っているのではないかという話もネットでちらほら見かけたりして、タイトルのような疑問となった。

 あなた、わざと感染してませんか?

| | Comments (10) | TrackBack (1)

うれしいとめがねが落ちるんです

 落ちていたのを拾ったんですが。
 ハリーポッターとオロナミンCc.jpg誰が作ったんだろ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自分の感情をできるだけ正確に推し量る試み

 WIREDに人の感情や能力を常時監視するシステムという記事があった。人間の感情を機械で測定して、属する集団で共有するということらしい。記事にもあるけれど、軍隊などのリスクの高い状況では有用なことだろう。
 でも本当は、自分自身の感情が今どうなっているのか、正確に知ることが大事なんだろう。
 今、自分が怒っているのか喜んでいるのか、悲しんでいるのかぐらいはすぐにわかる。問題は、どれぐらい感情が高ぶっているのか、その度合いを正確に知るのは難しいということだ。正確にわかれば、ちゃんとフィードバックして行動を抑制することもできる。わからないから感情が暴走してしまったり、逆に怒りを抑圧しすぎて気分が落ち込んでしまったり、てなことになるんじゃないかなと思うのです。
 他人の顔色は敏感にうかがうのになぁ、ということから、自分の顔色をうかがってみることにした。つまり、鏡を置くことにした。ダイソーで「回転ロングスタンドミラー」というのを買ってきて、パソコンの脇に置いて、Blogを読むときなどにふと、自分の顔を他人のように眺め、顔色をうかがってみる。
 自分はいい男じゃないからそんなに楽しい行動ではないが、意外な表情をしていてびっくりすることもあり、どきどきする。
 ついこないだから始めたばかりなのだが、効果はすぐに現れたようで、いわゆる「めぢから」が確実に強くなった。
 落ち込んだときに鏡に向かって百面相をするとすぐに立ち直れる、という使い方もある。もう私、すっかりスーパーマンですな、ある意味。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2004.02.02

情報機器は、読書の極楽『三上』に対応できるようになるのか

 新聞に未来はあるかという記事。生意気な後輩くんとのやりとり、という形式で、現状の電子メディアの問題点を鋭くついていた。
 後輩くんの主張による、紙ものに取って代わる電子メディアの条件。
1,濡れても平気
2,書き込み可能
3,切り抜き可能
 すんげー納得してしまった。なぜか、ブログオーナー様は「風呂で読んだことがないから、防水性云々はどうでもいいことにする」としていた。あー、ないんですかー。トイレに持ち込んだりもしませんか?
 「三上」という古い言葉があるそうです。枕上・馬上・厠上が、本を読むのに良い場所、ということらしいですね。これ、どれをとっても湿気やほこりが多い、マシンにとっては劣悪な環境です。
 今の情報機器で、三上に対応できるものはものすごく少ない。携帯電話すら、馬の上で使いまくっていたらすぐ故障でしょう。
 それから、切り抜き可能、書き込み可能、ですけど、これは単に情報を寄せ集められる、ダイジェストを作れる、という機能が必要だということではないのです。
 やってみればすぐわかるのですが、赤線を引くだけで、内容を理解して記憶する効率が上がるのですね。ページのどこからどこまで線を引くか、と考えるだけで理解力が上がる。
 ましてや、もっとめんどくさい、記事の切り抜きなんてことをやれば、めんどくさいだけに記事の内容を覚えちゃったりします。だから作業を部下のお姉ちゃんにやらせたらダメで、自分で切り抜く。
 こういう、「理解のための補助機能」が、今の情報機器が備えられるのかどうか。紙ものと対抗するには、情報を人間の脳みその中にうまく流し込めるかどうか、という点で比較しないとなかなか本質はつけないと思います。情報は脳にない限り、あってないようなものです。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

エキサイト社長ブログ

 eNatural.orgから。

が、ここまで来るとあまり目新しさはありませんね。残念ながら、他がやっているから的な印象も否めません。

 読んでみましたが、焼酎がいい、なんて話はオヤジ一ダースぐらいから聞いてますよ。
 ニフティ社長のハイソな話、ひろゆきの喧嘩上等そろそろもちつけ話なんかにくらべたら、なんつーか、コンテンツホルダーの社長がするような内容じゃないですね。エキサイト、今後大丈夫なのかとまで思ってしまう。
 これは書きたくなかったんだけど、あの法則発動ですかねぇ。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

お好み焼き『ねぎしょうが』

 紅しょうがの天ぷらなんつーすてきなものが紹介されていた。でも自分で揚げ物をするのに躊躇されているようだったので、私の好物を。
 お好み焼きの具に、長ネギと、ショウガ、それも寿司のガリですが、このふたつを刻んだものだけにしたのが私は好きです。
 上野の「てんこ森」というお好み焼き屋で初めて食べたのですが、さっぱりしていて、いくらでも食べられます。もちろんビールにも合う。
 お好み焼きなら、天ぷらよりずっと気軽にできます。ホットプレートでもいいし。
 ついでですが、お好み焼きをやるときに、油をピュアオリーブオイル(バージンではなく、精製してある)にするとさくっとさっぱり仕上がります。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

物足りないパスタに足らないもの

 果敢にツッコミトラックバックをする、ブロガー“め”。

近所のパスタ屋を真似て作ってみたが、何かが足りない。

 経験上では、ゆでるときに塩が足らないと猛烈に物足りなくなります。
 イタリア人シェフによると「海の塩辛さ」が理想とのことで、お湯の中にびっくりするぐらい塩を投入します。

| | Comments (10) | TrackBack (1)

ハンドロールピアノ

 どこでも演奏できるハンドロールピアノ。どこで知ったのかは忘れてしまった。
 こんな形をしたテレビの模型を、NHK技研で見たような気がする。こんな形態が今のはやりなのか?

| | Comments (5) | TrackBack (1)

FlowerLoungeさん移転

 FlowerLoungeはてな版から、ドメイン名を取得したサーバーのMTへ移転。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.02.01

わたしの脳は左がわ

 やばいなぁ。いつも見ているブログで、えらく画期的なことをかかれると、よそで見るより衝撃度は数倍になるな。
 小鳥 (a little bird)さんところの「脳の右側で描け」のワークショップという記事。
 花村萬月先生が「作家は非効率なことをすると上達する」みたいなことを日記で書いていたけれど、ひょっとしてこれと通じるものがあるのか?

| | Comments (13) | TrackBack (0)

はてなアンテナ、すごい制限付きになる

 いつのまにこんなものが。

※これまではてなアンテナのページ登録上限は1000ページでしたが、有料オプションの開始を機に、無料サービスご利用時の新規登録は200ページまでとさせていただきます。現在ご登録いただいているページ数が200ページ以上の方でも、そのままの登録ページ数でご利用いただけますが、新規のページ登録ができなくなります。ご了承ください。

 ですってよ、奥様。
 200ページなんかとっくの昔に超えちゃってるので、どっかのサイトが引っ越しでもしたらおしまい。有料オプションは月120ポイントだから目くじら立てるようなものでもないけどなぁ。
 んで、へたにリンク張ると、勝手に消されたりしない? 某なんとかいうところからはてなダイヤリーのほうにクレームがいって、評議会抜きでキーワードを消した、なんてことがあったようだしなぁ。うーむ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

松山善三 画像、壁紙、スクリーンセーバー

 もいっこ映画ネタ。
 日本の映画界に、松山善三という大脚本家がいらっしゃる。
 ある本を読んでいたら名前が出てきたので、ふと気になってぐぐってみたら、「松山善三 ダウンロードサイト」なんてのがあって、「松山善三 画像, 壁紙, スクリーンセーバー, 写真, イラスト」とか出てきたので、死ぬほどびびってしまった。松山善三マニアがいたとはなぁ。しかも、アイドル並みの取り扱い。キーワードを「松山善三 壁紙」とかで検索する人がいるわけだ。
 matuyama.jpgこれが松山善三だ!
 種を明かせば、小説のダウンロード販売サイトで、メニューに死んだリンクで「画像, 壁紙, スクリーンセーバー」と並んでいただけなんだけれど、なんかぐぐるで見た限りではマジでびびりましたよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

映画『東京暮色』から推測する、日本の治安の劇的な変化

 こちらで取り上げていたので、尻馬に乗ります。
 有馬稲子最高っす〜。めちゃめちゃかわいいのだ。原節子もきれいだしなぁ。と、よこしまな感想はさておき。
 以下、トラックバック先から引用。

この映画の中で次女が喫茶店で深夜まで恋人を待ち続けて警察のご厄介になるシーンがあります。警察署の中で、次女の身元引き受けに来た長女に対し、警官が「若い娘が深夜の喫茶店にいるとは感心できませんな」と言います。びっくり仰天ですね。46年前はこんな時代だったのですね。今じゃ深夜の渋谷で女子中高生がたむろしても誰も不思議に思いません。日本は一体どうしてしまったのでしょうか。

 ひょっとして、その当時の日本は治安が悪かったんではないかと。平成12年度の犯罪白書からグラフを。戦後しばらくは少年の凶悪犯罪がものすごい勢いで起こっていて、第3図をごらんいただきたいのだが、特に殺人犯などは今と比べて何倍もいたことがわかる。このグラフには性犯罪についてはかかれてないが、昔は女の子がそんな被害にあったら一生不幸になる(今だって不幸だけど)と、ひた隠しにして警察にも訴えず、あからさまにならない事件が今にもまして無数にあったろうから、深夜の街は女性には恐ろしいところだったのではないかと思う。
 だから、昭和32年頃、深夜の喫茶店にいるような子供は、今以上にろくでもない輩だと決めつけても良かったのかもしれない。モラルが高かったから盛り場にいるのが「感心できない」のではなく、ホントに危ない奴がたくさんいる、危険な場所だったのだ。裏返せば、現在の日本で深夜にたむろしている子供がいても、極端に悪い奴が混ざる可能性がそれほど高くないということだ。
 さて、リンクしたのがなぜ平成12年度のデータなのかというと、平成14年度のグラフがあまりにも衝撃的だったからだ。14年度の第1図を見てほしい。一般刑法犯が近年、まれに見る増加を示しているのがおわかりになるだろうか。治安は急激に悪化しているのだ。少年事件も、殺人犯こそ減りっぱなしでそれほど増えている様子はないが、強盗犯は「東京暮色」の頃とほぼ同じ水準に戻ってしまっている。
 昭和の終わり頃の、あの平和な時代はとっくの昔に終わっている。こわー。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« January 2004 | Main | March 2004 »